うみの杜水族館混雑を避けて見る方法

こんにちは、やちです。

今年のゴールデンウイークは10連休ともあって、休み前からとてもにぎわいましたね。

みなさんはどのようなお休みを過ごされましたか?

 

私はゴールデンウイーク終盤に、仙台うみの杜水族館へ行ってきました。

もともと行く予定はなかったんですが、急遽行けることになったので旦那と

突発的に向かいました。

が、問題は私も旦那も大のひとごみ嫌い。

何とかして“並ばず、人混みを避けて楽しめないか”考えました。

その結果、並ばず、人で魚が見えない!ということもなくじっくり見ることができたので、

私たちのようになるべく人混みを避けて見たい!

という方に参考にしていただけたらと思い今回の方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

混雑する時間帯を避ける

ゴールデンウイークで混雑は容易に想像できていたのですが、

それでも人が少ない時間を調べてみたところ

 

もっとも混み合うのが11時~13時で、

そこから緩やかに閉館に向かって観客の数が下がっていく

ということが分かりました。

 

そして、館内の平均滞在時間はおおよそ2時間との情報があったので、

狙い目は

13時以降~閉館にかけての2時間!

 

ということで私たち夫婦が行ったのはGW終盤で閉館が18時半までとなっていた時期だったので、仙台駅でお昼を食べて16時~18時の鑑賞を狙うことにしました。

MEMO
時期によって閉館時間が異なるので、予定を組む際は、うみの杜水族館の公式HPで事前に閉館時間を確認されると安心かと思います

 

チケットは事前にネットで買う

チケットはチケット売り場でも買えますが、なんと当日でも事前に購入できるサービスがありました!

こちらについても、うみの杜水族館の公式HPで推奨しているのですが

・クレジットカード決算

・入館15分前までの購入

が可能な場合、HPにあるリンク先からチケットを事前にネットで購入することことができる仕組みになっています。

私も実際移動途中の車の中でチケットを購入しましたが、10分かかるか かからないかで簡単に購入できました。

購入までの説明も簡単なので難しく感じる作業は特になかったです。

 

携帯に送られてきたチケットバーコードを、館内の入口にいる係員さんに読み取ってもらうだけ。これだけで本当に並ぶことなく入館!!

チケット売り場にも並ばず、すぐに入館できるので、少しでも多く時間を観覧に使えていいなと思いました(*^^*)

特にお子さん連れの方なら待たなくていいですし、

デートならスマートに入館できると思うので、そういう方にもぜひおすすめしたいです!

スポンサードリンク

タイムスケジュール例

今回実際に私たちが回ってみたタイムスケジュールは

・16時近くに入館

・1階・2階をじっくり鑑賞

・イルカショーを見逃す(16時半~/20分のショー)

MEMO
係員さんの声掛けが何度かあるのでショーを見たい場合は鑑賞を中断して向かうとよいかと思います。

 

ちなみにショーにお客さんが集中しているので、スルーするとショーの間もかなり有意義に観覧できます。

・ペンギンパフォーマンスを見る

お土産を見る(15分くらい)

・閉館の18時過半近くに出る

 

平均滞在時間はおおよそ2時間と書かれていましたが、私たちも割とゆっくり見て2時間半くらい居たので、大体目安通りでした(*’ω’*)

 

混雑回避作戦をやってみた感想

全体的に満足度の高い鑑賞に!

16時から入館している方もちらほらいましたが、時間的にイルカショー目前だったこともあり、鑑賞はほとんど人がいない状態でゆっくりじっくり見て回り、写真もたくさん撮れました。

 

ちなみにお土産コーナーはさらっと見て回る程度でしたが、ここも閉館近くになるとお土産コーナーのレジも混雑していないので、じっくり見れて、すぐ買えるような状態でした。

以前お昼時に混雑覚悟で行ったときは、お土産コーナーも混み合っていて、見て回るのもレジに並ぶのも時間がかかったので、これも混雑対策としてはいいなと思ったところです。

MEMO
閉館近くになると、売店員さんがお急ぎくださいとコールをしはじめてくれるので、迷惑にならないよう時間配分にはご注意ください

 

注意が必要な点

・ステージをしっかり見たい

・お土産をしっかり見たい

・お子さん連れ

だと、時間をもう少し多めにとったほうがいいと思います。

3時間あればステージを見て、お土産ももう少し見て回れると思うので、

ステージもしっかり見たい!お土産選びに時間がかかりそう!な方などは、事前にショーの時間やおみやげは何を買うかなど調べておくとスムーズに見て回れていいと思います(*^^*)

ちなみに①おみやげに、かなへい

お土産、かなり種類があって見てるだけでも面白かったんですが、

人気イラストレーターかなへいさんとのコラボ商品がめちゃくちゃに可愛かったです。

東北の水族館ではここか、北海道の水族館でしか買えないようなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Tシャツ、マグカップ、スポーツタオル、クリアケース、マステなど、いろいろ置いてあって女子に人気がありそうでした。

ちなみに②ごはん

うみの杜水族館内にもレストランはありますが、混雑を避けるなら近辺にも飲食店が多くあるので、検索するとお好きな飲食店が見つかるかと思います。

その辺りの記事はまた別な機会に詳しく書けたらと思います(*^^*)

 

まとめ

いかがでしたか?

私たち夫婦は人込みは嫌だけど、それでも水族館には行きたい願望が強かったので、今回こんな行動をしてみました。

結果的に

・並ばずに入館

・混雑が落ち着いたタイミングで人混みを避ける

・ゆっくりよく見ることができることを優先

以上を徹底したので、混み合う時期にも関わらず、じっくり見て回ることができました。

 

どうしても人が多いと鑑賞も流れるように進まないといけなかったり、人が邪魔で見づらかったりしますが、少しタイミングをずらすだけでも混雑状況が違うので、おすすめです。

 

これから見に行くけど人混みは避けたい!という方に、少しでも参考になれたら幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です