コミックエッセイの魅力って?虜になる気持ちを考察してみた。

 

こんにちは、やちです。

エッセイって面白いですよね。

ここ数年でエッセイ、特にコミックエッセイに触れる機会がぐんと増えて、その面白さに魅了されてよく読んでいます。

フィクションの漫画と違って作者の人柄がぎゅっと知れるコミックエッセイ。

今回はコミックエッセイの一体なににそんなに魅了されてしまうのか、自分なりに考えてみました。

スポンサードリンク

私が読んで面白かったコミックエッセイ

書籍やネット、SNS、いろんな場所でコミックエッセイを読んでいますが、今回はわたしが手元に残しているコミックエッセイから2冊、紹介したいと思います。

【わたしのウチには、なんにもない。】著者:ゆるりまい

片付けにはまっていた時期に読んでいたコミックエッセイです。

著者のゆるりまいさんは、自称、捨て変態。

学生時代は実家が汚家で、家じゅう物に溢れていたそうです。

東日本大震災を経験して、モノがあふれている家がどれだけ危険なのかということを命の危機を感じたことで片付けスイッチが入り、徐々に変態的な捨て魔へと変ぼうしていきます。

エッセイでは、汚家で育った女子が変態並みに片付けをレベルアップさせていく様が必見。

汚家エピソードと当時の写真にまじで??と思ったまま、モデルルームのような、まさになにも置かない家へ変身させていく捨てっぷりの過程は本当に読んでいて気持ちいいです。

え、そこまでする???ってくらい物を捨てます。

テーブルも、卒業アルバムも、婚約指輪も捨てる!!

極みってこういうことかと思わせられました。

読むと何か捨てたくなります(笑)

シリーズとしてたくさん本をだされていて、

私も手元に何冊かあるんですがときどき見返します。

過去に夏帆さん主演でテレビドラマ化されています。

全部見ましたがドラマになっても面白かったので気になる方にはぜひ見てみて欲しいです。

【31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる】著者:御手洗直子     

いまや婚活エッセイも普通に目にするようになりましたが、御手洗さんのこの著書には本当笑いました。

婚活してようがしてまいが、絶対笑えるエッセイです。

マンガ家の技術を駆使して自撮り写真を加工しまくったり、やり取りする相手が濃いキャラばかりだったりと、漫画?と思ってしまうような展開ですいすい読み進んでしまいます。あまり内容を書いてしまうとネタバレになってしまうので、とにかく一度読んでみてほしい。

私が思うコミックエッセイのとは魅力は

私がエッセイ作品を読むようになってからその魅力に気づいたことは、

・人の転機を知ることができる

例えばゆるりさんなら、

『この人はなんで捨て変態になったんだろう?』

と、その人に興味が沸き

『こんなことがあったなんて!』

と、自分の人生と比較してみたり

『この人はこれに対してこんなことを感じるのか』

と、視野が広がることもあり、

普段ならなかなか触れることのない他人の人生の転機を知れると、

そしてどうしたんだろう??

と、妙にワクワクしたりドキドキします。

どういう経緯があってこの人はこうなったんだろうとか、なんでそういう選択をしたんだろうとか、自分の人生にはなかったことを知れたり、時には共感することが出来るのもエッセイの魅力だと思います。

・他人の人生の一部が垣間見える

転機もそうですが、エッセイはその人の人生、過去、仕事、旅行、日常、などなど、どこを切り取ってもエッセイになります。

人はひとりひとり全く違う人生なので、エッセイも、十人十色。

なのでちょっとした日常の一コマでも、その人がどんな風にしたとか、こんなことになったとか、何でもない日常であっても、誰かを魅了する力があるエッセイというものに、私はとても惹かれるのだと思います。

・コミックエッセイは触れやすい・読みやすい

活字のエッセイももちろん世の中にはあります。

活字だからこその良さもあると思います。

でも私はコミックエッセイ派。

理由はやはり読みやすいから。

そして活字だけだとなかなか手が出しにくかったりしますが、コミックエッセイは気軽に手に取りやすく、絵があることでエッセイに入り込みやすく情景が想像しやすいからでもあると思います。(活字を読んで頭に浮かんだ情景でほろっと涙する・・・っていうこともあるので本当に良さはそれぞれあります)

フィクション漫画のようで、でも実際に誰かがどこかで体験した事実の話。

その妙なバランスがより面白く感じるのかもしれません。

スポンサードリンク

ウェブで見れるコミックエッセイ劇場

ちなみにウェブで見れるコミックエッセイ劇場をご存知ですか?

沢山のコミックエッセイを出版しており、年2回プロアマ問わず一般コミックエッセイの投稿作を募集していて、大賞作は指導のもと、書籍化したりするようです。

サイト上では大賞作品を掲載していたり、既刊のコミックエッセイを無料で一部掲載していたりと数多くのコミックエッセイを読むことができます。

私も過去に投稿したことがあったり(なにも引っかからなかったけど)、いまも定期的にサイトを開いて読んでいるんですが、やはり面白いなぁと感じます。

まとめ

いかがでしたか?

私は、コミックエッセイって

・人の転機を知れる

・他人の人生の一部を垣間見える

・コミックエッセイは触れやすい・読みやすい

という魅力がぎゅっとつまった作品だと思います。

とはいえエッセイに感じる良さも人それぞれかもしれません。

たくさんの色んな分野のコミックエッセイがあるので、みなさんもぜひ気になったコミックエッセイを読んでみてください(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です