坂井田茂の年齢や経歴/結婚して妻や子供もいる?マツコの凧の世界に登場

こんにちは、やちです。

2019年もそろそろ終わり、もうそこまで2020年がやってきていますね!

お正月といえば初詣やおせち料理にお餅、お年玉(笑)などなどいろいろありますよね。

 

私が幼少のころはゲームより凧を作ってあげたりしていたんですが、最近はあまり見かけなくなったなぁとも感じています。

そんな中、今回のマツコの知らない凧の世界に坂井田茂さんという方がご出演されます。

1700種類の凧を集め、博物館を作った方ということで番組中にはマツコと楽しそうに凧あげするシーンも…!

普段見れないような変わった形の凧もあるようなのでどんな凧が紹介されるのかも気になります!

 

ということで今回はそんな凧の魅力を伝えてくださる【坂井田茂さんについてどんな方なのか気になったので

・坂井田茂さんのプロフィール

・坂井田茂さんの経歴

・坂井田茂さんには妻やお子さんもいるのか?

についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

坂井田茂(さかいだしげる)のプロフィール

名前:坂井田茂(さかいだしげる)

生年月日:1953年6月25日

年齢:66歳(2019年現在)

所在地:三重県

坂井田さんは現在66歳。

23歳の時に凧の魅力に惹かれ、現在は凧の博物館館長をされています。

坂井田茂の経歴は?

坂井田茂さんはこれまで何をされてきた方なのか気になって調べてみたところ

これまで

元小学校校長

高田短大非常勤講師

津市議会委員

をされていました。

現在も議員をされているのかまではわかりませんでしたが、短大非常勤時代の59歳の時点で、すでに凧を集めた企画展「世界の凧(たこ)展」を何度か開催されていたようです。

坂井田さんは中学校の美術教諭だった23歳の時に授業で凧を作った際凧の魅力に惹かれ、それから年に2回ほど休暇を取って世界各地を回り凧を収集されていたそうです。

59歳の頃には100カ国を訪れ77カ国から1600点の凧を集め自宅を改装し【坂井田・世界凧(たこ)博物館】としてコレクションを公開していました。

日本各地の凧のほか

・竜の形をした中国製

・アメリカの先住民を描いた全長8メートルのたこ

など多彩な凧が展示されてあるそうです。

 

うさぎ

南アジアなどでは竹や紙の替わりにヤシの皮や葉で作っているそう。

ところ変われば使う道具も違いますし、どんな違いがあるのか見てみたくなりますね!

坂井田さんは「たこ揚げは万国共通の遊び。作り方やデザインにそれぞれの文化や歴史が詰まっている」と過去のインタビューでも凧の魅力を伝えていましたが、なかなかこれほど凧を見る機会もないですし、きっと凧あげしたことない方でも坂井田さんの凧をみたら興味を持つ人は多いかもしれませんね。

スポンサードリンク

坂井田茂は結婚して妻や子供もいる?

坂井田茂さんは結婚されてお子さんがいるのかも調べてみたのですが、明確な情報はありませんでした。

ですが、これまで学校教諭や市議会議員をされていることからも、きっと支えてくれる存在がいないとできなかったのではないかなぁと感じました。

現状では情報がないですが、個人的にはご結婚されて奥さんとお子さんもいそうだなぁと推測しています。

もし奥様がいるとしたら、世界各地から凧をたくさん集めて、凧の博物館を作った坂井田さんをどんな風に思って支えてこられたのか気になりますね。

学校の先生から市議会議員、現在は凧の博物館館長となかなかハードな人生を歩まれているなと感じますが、楽しそうに凧あげする坂井田さんを見ているとなんだかこちらもやってみたくなりますし、もしかしたらこれまでも家族で凧あげをしてお正月を楽しんでくれるすてきなお父さんだったのかもしれませんよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はマツコの知らない凧の世界に登場された【坂井田茂さん】の

・坂井田茂さんのプロフィール

・坂井田茂さんの経歴

・坂井田茂さんには妻やお子さんもいるのか?

についてまとめてみました。

ご家族のことは情報がなく、わかりませんでしたが、坂井田さんご自身は本当に若いうちから凧に魅了されてきた方ということがわかりました。

番組内では普段見れないような変わった凧がたくさんみれそうなので放送が楽しみです!

それでは今回はこの辺で。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です