祝賀パレード2019見どころや手荷物検査の場所/コインロッカーはある?

こんにちは、やちです。

今日は天皇陛下御即位をお祝いする祝賀パレードが行われますね!

1990年(平成2年)の即位パレードでは約12万人が即位パレードに集まったそうで2019年の即位パレードも多くの方が見に集まると予想されています。

そこで手荷物検査が必須となるわけですよね。

ということで今回は

・見どころ地点はどこなのか

・手荷物検査はどこでおこなわれるのか

・コインロッカーや手荷物預かりはあるのか

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

天皇即位礼パレード|見どころはどこ?

今回のパレードコースは1990年の天皇陛下即位パレードとほぼ同じコースと言われています。

およそ30分かけて4.6キロを時速10キロで走行されるので、沿道コースから2分半は見れるとされていますが、中でも見どころはどこなんでしょうか?

1990年のパレードでは天皇皇后両陛下はお二人とも左右を見られているのでなかなか一緒の向きを向いている場面が見れなかったそうですが、コース的に曲がり角のある祝田橋が見どころの一つのようです。

理由は

・祝田橋で曲がる際お二人が同じ方向を向いて手を振って下さった。

・カーブがあるので車の速度が減速される。

ということでお二人が一緒の向きを見られる確率が高いのでシャッターチャンスがあるとされていました。

何十年に一度しかない祝賀パレードなので、写真にもしっかり残しておきたいですね!

天皇即位礼パレード|手荷物検査の場所はどこ?

(出典:https://www.sankei.com/affairs/photos/191105/afr1911050021-p1.html)

手荷物検査の場所は上記になります。

29地点・全40カ所での検査になります。

手荷物検査が終わったら沿道のコース沿いに通されるので、事前に席を確保したりすることはできないとのこと。

10日の午後から行われるパレードですが、場所によって手荷物検査が始まる時間が異なります。

場所によっては朝8時前からすでに手荷物検査の列ができていましたのでより近くで見るためにもこれから行かれる方は早めに出かけられると良さそうです。

ちなみに

・手荷物検査後、再入場するときも再検査がある

・仮設トイレがある

という報道があったので仮設トイレがどこにあるのか手荷物検査の時に確認しておくと良いですね。

スポンサードリンク

天皇即位礼パレード|コインロッカーや荷物預かりはある?

近場・遠方から、たくさんの方がその目でパレードを見たい!と集まられると思うのですが、手荷物が多い方もいるのではないかと思います。

手荷物検査についてコインロッカーや荷物の預かりはあるのでしょうか

厳重体制の為、

・検査場に手荷物の預かり場所がない

・コインロッカーも場所によって封鎖される

とのことなのでできるだけ手荷物を持たず向かわれると良さそうです。

↓また、持ち込み禁止の手荷物や混雑について。

警視庁Twitterで詳しくツイートされるので参考にされてみてくださいね!

それでは今回はこの辺で。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です